« それではまた | Main | 改善点は見えてきた »

February 17, 2006

生きてく強さを

なぜ夜行に乗ったはずが、こんな時間に更新しているかというと。

生きてるとたまーに、こゆーい、悪夢のような時間が流れている事がある。

場所は神奈川県にあるJR大船駅、時間は0時25分。実家に帰省するべく0時26分発の夜行快速ムーンライトながらを待っていた。夜行を待つ時間を利用して、ラーメン屋で腹を満たし、コンビニでビールも買って、さあもうすぐ電車が来るぞというタイミングで携帯電話がない事に気づく。右ポケット、左ポケット、ズボン、どう探してもない。「さっきのラーメン屋だ!」気づいた瞬間、猛ダッシュ。階段を上って下って息も絶え絶え、さあホームに着いたと思った途端にドアが閉まり、走っていく電車。

ものすごい1分間だった。

そして最初こそ言葉にならなかったが、こうしてみると話のネタになったな、くらいにしか思っていない自分がいる。強くなったと思う。そして漫画喫茶のある大船駅にばんざいだ。美味しんぼを読んでいきます。

|

« それではまた | Main | 改善点は見えてきた »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生きてく強さを:

« それではまた | Main | 改善点は見えてきた »