« 偏屈 | Main | 詩的、か? »

June 13, 2005

殺さなくてもなあ

熱いものを冷ます時も、冷えた手を温めるのにも、息を吐く。どうして同じ息なのに、口をすぼめると冷たくなって、口を開くと温かくなるのだろうか?
というのも、今日の朝にこのサイトで見て、実際に試してなるほど確かに、と思ったわけです。ただそれだけでは終わらず、昼に哲学の入門書みたいなのを読んでいたら、そこにもこの話が載っていた。しかも、その話ではある若者が、息を吐くだけで、ものを冷ましたり温めたりできるということで恐れられて、お世話になってる老夫婦に殺される、という話だった。

まあそういう偶然が、今日あったわけで、夜にこうして書いているわけです。

|

« 偏屈 | Main | 詩的、か? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 殺さなくてもなあ:

« 偏屈 | Main | 詩的、か? »